FC2ブログ

周りの優秀な人から学ぼう

先日とある会社で入社3年目社員さんたちと話をしたところ、
その中で、
自分の能力に疑問がある。
周りは優秀な人ばかりで、自分に自信がなくなった。
といった話を何人から聞きました。
こういった不安は実はよくある話です。
こういったとき、私は私自身の経験をもとに話をするようにしています。
以下はその要約です。

私がマネージャーに昇格したとき、私の周りには高学歴、有名大学卒がゴロゴロしていました。部下の中にも私より「できる」人がたくさんいました。
そんな中で自分が本当に仕事をやっていけるのだろうか?と弱気になったものです。
そしてそういった自分を見透かされたくないと言った小さなプライドから、わざと我をはってみたり、尊大に構えたりしてしまっていました。
もちろん、そんな底の浅い振る舞いが通用するはずもなく、却って自分の評価を下げしまっていました。
自分自身もそんな自分に嫌なものを感じていましたからなおさら自分の居場所を狭くしていってしまっていました。
こんな風に、いい加減自分に嫌気がさしてきて、仕事への自信もなくなってきていたところ、ある日のことです、同僚のマネージャーの一人が、あるトラブルをしっかりと解決していく姿に出くわしました。
それは本当に自分には思いもつかない解決法で、彼女(そのマネージャーは女性でした。しかも年下!)は見事に問題を解決してしまいました。
それは私にとって衝撃ではありましたが、一方で、そんな高い能力を持った同僚と一緒に働けることに喜びみたいなものも感じました。
その時私は悟りました。
周りにたくさんの才能が溢れているこの環境で働けるということはすごく幸せなことなんだと。
そして、無理やり背伸びして自分を大きく見せる必要なんてまったくないし、自分が今できることを頑張って、その「できること」を「学ぶ」ことで大きくしていけばいいのだと。

そして、その「お手本」に囲まれている自分はなんて幸せなんだろうと、ということです。
周りと比較しても人はついつい自分の都合のいい部分でしか見ようとしませんし、その見る場所もその時の気分で変わってしまっています。
それに「できる人」と比較しても「できる」事自体がたくさんあるし、そのたくさんな「できる」事ごとに比較する対象者が変わっていくし、増えていきます。
個人と多数での比較になってしまいがちになります。
そういうのってなんでも「できる」人を目指すことになってしまいますし、そんなこと達成できるっていうのは極めて稀な話です。人はスーパーマンではありません。
自分のできることを大きくしていくためには他者から学ぶということがすごく大切だと思います。
自分ができないことをできる人がいるなら、その人に学ぶという態度は大切です。
そして、その学ぶという態度が周りの「支援」をもたらしてくれるようになるのです。
「支援」があればできなかったこともできるようになります。
また、どうしてもできない場合でも「できる人」にかわってやってもらうこともできます。
そういったことも問題解決のための重要なスキルになります。

上を目指すということは個人の成長においてはとても大切なことではありますが、私がいつも思うことですが、その成長の物差しを他者に求めてしまうと、比較対象が変動しがちですし、そのレベル感もバラバラです。それに、他者を物差しにしてしまうと、その他者の評価も行わなくてはなりませんし、それが本当に適正なのかなんて誰にもわかりません。
自分を測る物差しは自分自身です。
具体的にいうならば昨日できなかったことが今日はできた、昨日知らなかったことを今日は覚えた、といった感じです。

周りに優秀な人がたくさんいるなら、そういった環境にいる自分を誇らしく幸せに思い、周りからいかにしてその「優秀な」ものを学び取ればいいのかを考えてください。それがあなた自身を成長させますし、無駄な劣等感にさいなやまされる必要もありません。

=======================================================================
御社の「人」のお悩み解決します。
人事制度・労使問題・メンタルヘルス・安全衛生対応
社会保険労務士事務所 岡本労務管理事務所

特定社会保険労務士・産業カウンセラー・国家資格キャリアコンサルタント・RSTトレーナー・心理相談員・「自分にイイネ!をする会」会長
岡本 寛明

詳しくは下記ホームページで!
HP http://www.mercury.sannet.ne.jp/occam/

外部面談プログラム紹介動画 https://youtu.be/gYS7Qqe9TiI
外部HRビジネスパートナー紹介動画 https://youtu.be/iSqiEFLjDJw

外国人労働者と社会保険制度の裏の関係

久々の更新になってしまいました。

今、政府が外国人労働者の受け入れ拡大を推し進めようとしている中、以前より懸念事項であった社会保険の被扶養者の扱いが問題視されています。

なぜ、被扶養者が問題になるのか?

まず、厚生年金ですが、本人が加入することでその者が扶養する配偶者も原則被扶養者となり国民年金第3号被保険者となります(手続きとしては健保加入と被扶養者の異動申請と合わせて3号手続きが行われます)。
これまでは日本で働ける期間が最大5年だったので、加入期間20年という支給要件が壁になって特に問題は起こりませんでした。
しかし、年金支給要件の加入期間が10年に短縮されたこと、日本で働ける期間が5年+5年で10年になるかもしれないこと、などから加入期間10年の壁はそれほぢ高いものではなくなってしまいました。

まだ、本人はいいです。保険料を払っていますから。でも、その被扶養者である配偶者は第3号ですから保険料を払っていません。しかも、ふつうはその配偶者は日本国外に居住している外国人です。すなわち日本とは関係のない外国人に日本国がずっと年金を払い続けなければいけないかもしれないことになります。
数が少なければさほど大きな問題とはならないかもしれませんが、今後外国人労働者が万単位で増えていくとなると、これは大きな問題に膨れ上がっていきます。

次に健康保険の問題です、これも日本で働く本人については問題はありません。保険料をはらっているのですから。
しかし、その者の家族(配偶者、子供。親は同居条件があるのでまず大丈夫かと。)も被扶養者として被保険者となります。
すると、その者たちが使った医療費も健康保険の負担となります。
言ってみれば、これも日本とは直接関係のない外国人に日本の健康保険制度を使わせることになり、ただでさえ苦しい健康保険はさらに大きな負担を背負うことになります。
しかも、日本国外で行われた医療行為が本当に行われたのか、適正なものなのかといった検証は非常に難しいため、多くが申請されれば、そのまま支払うといった状態であり、ここに付け入られる可能性は非常に高いものがあります。
高額療養費になると何百万円の請求なんて珍しくもないので、悪意ある人からみたら非常にねらい目でしょう。

まぁ、こういった「被扶養者問題」の解決策として政府が考えているのが、

・厚生年金の加入者が扶養する配偶者について、年金の受給資格を得るには国内の居住を要件とする。
・健康保険が適用される扶養家族を原則国内に居住する人に限る。


ということのようで、2019年度中にも法改正を行う方針とのことです。

実はもうだいぶ前の話になりますが、海外の女性たちに支払われる年金に関してちょっと問題になったことがあります。
どういうことかというと、
独居の老人男性がフィリピンなどからやってきた若い女性にのめりこんでしまい、のぞまれるままに結婚するということが一時よく聞かれるようになりました。時には子供まで生まれています。
また、老後に海外居住していた男性が現地の女性と結婚したというケースもけっこう見られます。
そんな男性は高齢ですから結婚後何年かしたら死んでしまいます。そして残された妻は遺族厚生年金を受け取ることができます。
そのまま帰国しても継続してい払われます。日本ではあまり多くない年金であっても国に帰ればそれなりの金額となります。
遺族厚生年金には婚姻期間要件がありませんので、死んだときに婚姻関係があれば遺族厚生年金の受給資格を持つことになります。
もしその男性との間子供がいたら、その子供が18歳になるまでは遺族基礎年金も受給できます。
一般にそういった女性は若いですから30歳未満であれば5年の有期年金ですが30歳を超えていたら、その女性が正式に結婚しないかぎり死ぬまで年金が支払われます。
日本の国民が払った税金や保険料が、まったく別の国の女性や子供の生活のために使われているということになります。
この話は当時のフィリピンの経済状況を考えたら夢みたいな話で、それを狙って(?)日本の高齢シングル男性がもてにもてた、という話があります。
年金っていったい誰のためのもの?
という点から考えても、「日本国内に居住する」という要件は必須であるべきという意見にも納得できる部分はあります。

ただ、私としては「海外居住」であっても、「日本国籍」を有するのであれば、扶養対象とするべきではないだろうかとも考えています。

=======================================================================
御社の「人」のお悩み解決します。
人事制度・労使問題・メンタルヘルス・安全衛生対応
社会保険労務士事務所 岡本労務管理事務所

特定社会保険労務士・産業カウンセラー・国家資格キャリアコンサルタント・RSTトレーナー・心理相談員・「自分にイイネ!をする会」会長
岡本 寛明

詳しくは下記ホームページで!
HP http://www.mercury.sannet.ne.jp/occam/

外部面談プログラム紹介動画 https://youtu.be/gYS7Qqe9TiI
外部HRビジネスパートナー紹介動画 https://youtu.be/iSqiEFLjDJw

事業主さんはご注意。平成30年度の最低賃金が変わります。

事業主さんはご注意。平成30年度の最低賃金が変わります。
またまた最低賃金が上がります!1000円もちかいかも!

今年は全国平均 815.23円、約25.5円のアップ。
兵庫県は 871円で 27円のアップ、大阪は 936円で 27円のアップ、となります。
実施は10月1日(都道府県によっては3日から6日)です。

パートさんやアルバイトの賃金にご注意ください。
派遣社員の派遣先の賃金変動にもご注意を!

詳しい内容は以下のリンクを参照していただければと思います。

*各都道府県の改定額と発効日
 地域別最低賃金の全国一覧
 https://mhlw.lisaplusk.jp/jump.cgi?p=1&n=55

*問い合わせ先
 都道府県労働局一覧
 https://mhlw.lisaplusk.jp/jump.cgi?p=2&n=55


*最低賃金に関する詳細
 最低賃金に関する特設サイト
 https://mhlw.lisaplusk.jp/jump.cgi?p=3&n=55


ちょっと簡単な解説を、

☆そもそも最低賃金って?
最低賃金は、最低賃金法(1959年公布)に基づき、労働者に保障された賃金の最低額を言います。
労働条件の改善、労働者の生活の安定、労働力の質的向上を図ることを目的とします。
最低賃金には、都道府県ごとに定められる地域別最低賃金と、特定の産業について設定される特定最低賃金の2種類があります。
地域別最低賃金は、産業や職種に関係なく、パートやアルバイト、外国人などを含めた全ての労働者に適用されるものです。
なお、派遣労働者に関しては派遣元の最低賃金ではなく派遣先の最低賃金が適用されるため注意が必要です。

☆最低賃金守らないと刑事罰も!
最低賃金を支払わない場合には、罰則が定められていて、最低賃金法第40条により、刑事罰として50万円以下の罰金が規定されています。
刑事罰ですので守らないと司法警察職員としての労働基準監督官に逮捕されたりしてしまいます(もっともまずは是正勧告などから始まりますので逮捕までいくことは極めてまれでしょうけど)。

☆最低賃金は地域(都道府県)ごとに決まる!
最低賃金額は、賃金や物価などの動向に応じ、ほぼ毎年改定されています。
地域別最低賃金は、中央最低賃金審議会から示される額を参考に、地域の実情を踏まえて地方最低賃金審議会が審議・答申します。
その後、異議申し出などの手続きを経て最終的に決定されます。
地域ごとの経済・社会状況を考慮に入れて都道府県ごとに金額が決定しますのでけっこう地域差がでたりましす。
平成30年度は全国平均が815.23円で一番高いのは東京の985円で、最低は鹿児島の761円ですから、その差は224円にもなります。
1日8時間、月20日働いたとしたら1か月で35,840円も差がつくことになります。1年だと約43万円ですからけっこう大きな差になります。

以前は外国から日本の高い賃金を目当てに労働者が訪れていましたが、そのうち地方から東京に高賃金を目当てに働きにでるような流れが起きてくるかもしれません(一部では出稼ぎなどで起きていますが・・)。

最低賃金は今後も上昇していくと考えられます。そのたびに事業主さんにとっては頭の痛い問題になります。
それゆえに従業員の生産性の向上や、仕事の在り方を考えていかないといけないのではないかと思います。


=======================================================================
御社の「人」のお悩み解決します。
人事制度・労使問題・メンタルヘルス・安全衛生対応
社会保険労務士事務所 岡本労務管理事務所

特定社会保険労務士・産業カウンセラー・国家資格キャリアコンサルタント・RSTトレーナー・心理相談員・「自分にイイネ!をする会」会長
岡本 寛明

詳しくは下記ホームページで!
HP http://www.mercury.sannet.ne.jp/occam/

外部面談プログラム紹介動画 https://youtu.be/gYS7Qqe9TiI
外部HRビジネスパートナー紹介動画 https://youtu.be/iSqiEFLjDJw

「自分にイイネ!をする会」設立しました。

いやぁ、本当にブログ放置状態になってしまいました。
この間にもブログ記事にいろいろなご意見や質問をいただきありがとうございました。
正直なところ、けっしてネタがなくて放置していたというのではなくて、逆にネタありすぎて身動きとれなくなってしまっていたというのが実情です。
これからはもっと気楽に書いていこうと思います。
で、久々に更新したら・・・
なんなんだ、このタイトルは?
ですね・・


まぁ、以下の記事を読んでいただきたく思います。

「自分にイイネ!をする会」を立ち上げました!
この度、「自分にイイネ!をする会」を立ち上げ、私が会長に就任いたしました。
jibunnniiine2.png

なんて、たいそうなこと書いてますが、別に会としての形態とか組織があったりするわけではありません。私が勝手に作った会です。日頃から私は色んな人に「自分にイイネ!」をしましょう!と言っています。この会はそれをもっと広めようという思いから設立したものです。
活動としてはただひたすら自分にイイネ!をすることを推進する会です。

入会は自由、資格などもありません。入会手続きもありませんし、会費なんかもありません。
「自分も自分にイイネ!をするぞ」と宣言するだけです。
会則はただ一つだけ。
「いいことあったり、どんな些細なことでも『できた』ら自分にイイネ!をしよう」
だけです。
「できた」の判断は個人の自由です。
あ、もちろん退会も自由です。

この会の主旨は行動分析学とアドラーの心理学をベースにしたもので、自分を励ますことで成長を促すことを目的としています。
成長っていうとちょっと大げさに聞こえますが、要は「昨日の自分と違う今日の自分」になる、ということです。
そのためには「できた」行動を強化する必要があります。そのために「イイネ!」は大変有効な手法であるといえます。

確かに他者からの「いい評価」はそれはそれで素晴らしいものですが、やはり、自分で自分をほめる(アドラー流で言えば「励ます」)ことが大切です。
自分が「できた」ことは他人がなんと言おうと自分が一番よくわかっています。だからこそ、自分がイイネ!をしてあげるべきです。
他者評価と自己評価にえてしてギャップがつきものです。そんな不安定な他者評価を期待するのではなく、自分のことを一番よくわかっている自分が評価してあげる方が間違いがありません。

ところが、こんな当たり前のように見えることであっても、意外とできてないんですね。
自分で自分をほめるなんて気恥ずかしい、
とか、
自己評価なんてすぐに甘えに走る、
とか言われてしまって自己評価はよくない、なんて思われがちになってしまいます。
その結果、当たり前のことをしてもぜんぜん面白くないしうれしくないという状態になってしまいます。
でも、何度も言いますが、

自分のことを一番わかっているのは自分なのです。
自分がそれをやるのにどれだけ頑張ったかをすべて理解できるのは自分だけです。
たとえ好ましくない結果になったとしても、頑張った自分がそこにいることがわかるのは自分だけです。

どんな些細なことでもいいから自分を励ましてあげましょう。
自分を励ますことで、その行動が強化され、好ましい行動が増えていきます。
好ましい行動が増えるということは、自分がどんどん成長して行くということです。


それと自分で自分を評価するという事は行動分析学上、もう一つ大きなポイントがあります。
それは「60秒ルール」と言われるものです。
人は何か行動して「いいこと」があったらその行動が強化されて、その行動を繰り返すようになります。
しかし、その「いいこと」は行動してから60秒以内に起こらなければ意味がありません。

だから、何か行動しても、すぐに励ましを行わなければ行動の強化につながらないということです。
他者からの「イイネ!」はどうしても時間がかかります。でも自分の「イイネ!」は瞬間で行うことができます。
そのため高い行動強化が期待できるというわけです。

朝、ちゃんと起きれたら即イイネ!。
朝ごはんちゃんと食べたらイイネ!
遅刻せずに会社や学校に行ったらそこでイイネ!


こんな当たり前のことやっていちいちめんどくさいと思われるかもしれませんが、当たり前のことやるだけでも実はすごいってことを認識してほしいのです。
それに、大変なことを一生懸命やりとげたとしても、それを他人が評価してくれるとは限りません。
でも自分にはそれがすごいってことがよくわかっています。だったら自分でイイネ!をしてあげればいいのです。
物事をやりとげることで自分にイイネ!をすれば、それが、いわゆる「好子」となり、次回その行動をする事への抵抗が薄れます。行動が「強化」されることになるわけです。

まぁ、こんなめんどくさい話は置いておいて、とにかく自分にイイネ!をすることで自分の成長を促進させようという話です。
難しいことは何もありません。
お金はまったくかかりません。
ぜひ皆さんも「自分にイイネ!をする会」に入りましょう。
そして、とにかく自分にイイネ!をしましょう!
いくらイイネ!してもしすぎることはありません。
イイネ!で自分を励ましましょう。
でも、もし、辛いことや悲しいことに苦しんでいる人いましたら、それにじっと耐えて頑張ってる自分にそっとイイネ!をしましょう!
イイネ!はきっと自分を変えてくれます!


=======================================================================
御社の「人」のお悩み解決します。
人事制度・労使問題・メンタルヘルス・安全衛生対応
社会保険労務士事務所 岡本労務管理事務所

特定社会保険労務士・産業カウンセラー・国家資格キャリアコンサルタント・RSTトレーナー・心理相談員・「自分にイイネ!をする会」会長
岡本 寛明

詳しくは下記ホームページで!
HP http://www.mercury.sannet.ne.jp/occam/

外部面談プログラム紹介動画 https://youtu.be/gYS7Qqe9TiI
外部HRビジネスパートナー紹介動画 https://youtu.be/iSqiEFLjDJw

「成長」は自分基準で測るもの

昨日神戸において「応用行動分析学入門セミナー」を実施しました。
私は日ごろから行動分析学に非常に興味をもっており、自分なりにけっこうガチで勉強してきました。
ある程度自分自身で行動分析、特にビジネスに応用する応用行動分析学を使った人材開発メソッドも構築できつつあります。
しかし、残念なことに日本では行動分析学実はあまり知られていません。
もっとみんなに行動分析学を知ってもらいたいという思いでこのセミナーを実施した次第です。
今回のセミナーは応用行動分析学というよりは行動分析学の基礎といった内容になっています。
もともと私が作った「応用分析学BASICコース」と「応用行動分析学ADVANCE」のうちの、BASICの4時間を2時間に圧縮したコースです。
まぁ、10人ほどのささやかなセミナーではありましたが、皆さん寝ることもなく(笑)真剣に聴講いただけましたので、やっている方としても大変張り合いがありました。
聴講していただいた方は皆さん行動分析学なんてまったく知らないという方ばかりでしたが、多少は行動分析学というものを理解していただけたものと自負しております。

ところで、行動分析学を学んでいるとどうしても人の行動に関心が高まります。

人はなぜそのような行動をするのか?
そこにはどんな強化が働いているのか?
その好子はなんなのか、もしくは嫌子はなんなのか?


行動のひとつひとつについてじっくり考えていくととても興味深いです。
そんな中で最近特に思うのが、自律型の社員育成を考えるうえでキーワードとなる「成長」についてです。

成長とは一体何なのか?

私見ではありますが、一言で言うと、


成長とは自分ができなかったことができるようになること


です。
行動分析学風に言うと、
新しい良い行動レパートリーを得ること
とでも言えるでしょうか。
よく目標を達成すると成長したと言いますが、目標はあくまでも目安にすぎません。

少し大きい文字それまでできなかったことができるようになる、それがどんなに小さなことであっても。

水が怖くて泳げない子供が泳げるようになりたいといった時、いきなり水のなかに放り込んだりはしないでしょう。

怖いと思う水のそばに行けるようになる。
   ↓
水に足を浸けられるようになる。
   ↓
水の中に入ることができるようになる。
   ↓
・・・
   ↓
20メートル泳げるようになる。

みたいな感じで少しずつ最終目標に向かって小さなステップをクリアしていくようにするはずです。
この小さなステップをできるようになる、ということが成長です。

場合によってはもっと細分化されるかもしれません。
昨日は水に1メートルしか近寄れなかったけど今日は50センチまで近づけたよ、といった具合に。
これだってできなかったことができたわけですから立派な成長です。
だから、周りで見守っている人はそうやってできたことを認めて褒めて(アドラー流に言うと、はげます)あげて、行動を強化してあげなくてはいけません。


0-94.png

成長を測る場合、成長するということは、自分ができなかったことができるようになる、ということですから、できたできないの基準は自分になります。
決して他人を基準にしてはいけません。
手本とか目標といった意味で他人を比較基準にすることはかまいませんが、自分の成長ということであれば、当然比較対象は過去の自分になります。

しかし、一般には
「彼にできてなんでお前にできないんだ」
とか、
「・・さんはもっと上手くできるよ」
とか、ひどいのになると
「同じ人間なのにねぇ」
といった言葉を聞きます。
本人としては努力しているし、少しはできるようになっているのにこんなこと言われたらやる気もなくなってしまいます。
まさに、嫌子による弱化です。
これでは成長するものも成長しません。

人は、自分もふくめてどうしても他人と比較してしまいます。それは仕方のないことですし、他人との比較があるからこそ競争が生まれ、種としての発展があります。

ただ個人の成長と言う点で考えるのであるならば自分自身を評価基準にしておかないと正しく計測ができません。
また、自分自身が評価基準であると言うことは、自分自身も評価者であるということです。
自分で自分を評価するなんて独りよがりになりがちだし、評価したってそんなの自己満足でしかない、と思われるかもしれません。
確かにそんなの一面も無いとは言い切れません。
しかし、できなかったことができるようになった、と言うことを一番認識できるのは自分自身です。
確かに他人に客観的な評価をしてもらえることはすごく重要ですし、一番強化の要素として力があります。
でも、他人はいつも見てくれているわけではありません。
だからこそ、常に自分を見ることのできる自分自身こそ自分をほめてやるべきです。
自分自身で自分をほめることで行動を強化する、これが大切です。

ぜひ自分に「いいねマーク」をつけてあげ、自分自身の良い行動を強化して、良い行動レパートリーを増やすようにしてください。

ThumbsUp Small


=======================================================================
御社の「人」のお悩み解決します。
人事制度・労使問題・メンタルヘルス・安全衛生対応
社会保険労務士事務所 岡本労務管理事務所
特定社会保険労務士・産業カウンセラー・国家資格キャリアコンサルタント・RSTトレーナー・心理相談員
岡本 寛明

詳しくは下記ホームページで!
HP http://www.mercury.sannet.ne.jp/occam/

プロフィール

気まぐれ社労士 

Author:気まぐれ社労士 
企業では安全配慮義務や労務管理、人事制度・諸規定など課題はたくさんありますが、今の企業では「疲れ」への対策がすごく重要です。少しでも人事関連で疑問やお困りのことがあればご連絡ください。きっと解決策が見つかります!





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR