FC2ブログ

産業医っていろいろ

何かとばたばたしてしまいまして、ちょっとばかし間が空いてしまいました。
ところで「産業医って何?」というご質問に関しては「Wikipediaでも見て」ってお願いすることにして、ここでは「産業医」がどんなものか少しはご理解いただいているものとして話を進めます。
「産業医」っていうのは当然「医師」です。医師以外の人が産業医になることはできません。
ちょっと前までは「産業医」っていうのは内科とか精神科・心療内科の医師が資格をとってサイドビジネスみたいな感じでやってたケースが多かったです。
本業の診療の手の空いてるときに、言葉は悪いですがテキトーに勤めていればそれでお金がもらえました。
ひどいのになると完全名義貸しで、労働基準局に届ける書類に名前を貸すだけで後は何にもしない、って先生もかなりいました。
まぁ事業主の方もややこしいこと嫌なので、それでもぜーんぜん問題なかったわけです。
労働安全衛生法なんて、あんまり重要視されてなくて、労働基準法や施行規則の方ばかりにみんなの目がいっていたんですね。
私も以前いた会社で産業医の先生と何人か契約していましたが、本社の先生を除いて全員が名義貸しの先生でした。
会社としても名義貸しの方が、うるさいこと言わないし、安い(大体月2万円です。なーんにんもしないのに、毎月払ってました)のでこれでよかったんですね。
ところが数年前くらいからだんだん労基がうるさくなってきました。
衛生管理者も含めてなんだかんだといってくるようになりましたし、労働契約法で事業主の安全配慮義務とかが明記されたりすることで、産業医っても選任させしておけばいいっていうわけに行かなくなってきました。
そこで私、名義貸しの先生たちに「料金アップするから産業医の仕事してください」っていったら・・・・なんと全員が「忙しいからできない。だからもうやめる」ってな返事です。
これは参りました。仕事したくないからやめる・・・って今までは一体なんだったんだよ!って少々怒りモードです。
とはいえ、産業医の選任がぜーんぶ外れてしまうわけです。これはまずいです。
もう、そりゃ必死で先生を探しました。もう、えり好みなんかやってられません。
とにかく、月2時間の事業所訪問で、衛生委員会への出席、健康診断の就労判定、長時間労働面談、職場巡視などをこなしてもらわなければいけません。
そう、たった月2時間です。
結局なんとか必要人数かき集めて選任登録まですませたのですが、いざ、事業所訪問してもらうようになると・・・
遅刻はする人、することしないでさっさと帰る人、妙に高飛車で事業所の担当者とぶつかる人、どうでもいいことを細かく指摘し続ける人、等々・・・
とにかくトラブルを起こさない先生の方が少ないくらいでした。その苦情がすべてこちらに来るんですね。上は上で、金を払ってるのは会社なんだから、会社の指示にしたがって動くのが当たり前だろう、なんて阿保なことを考えている人もいます。
まぁ、間に入った人事の私がすべてかぶって対処せざるを得なくなりました。
ホント大変でした。
まぁ、続いて、産業医のトラブルを個別にご紹介していくつもりです。

テーマ:お仕事 - ジャンル:就職・お仕事

産業医の問題 毎日新聞の記事

ちょっと古い話ですが、1月5日の毎日新聞に次のような記事が載っていました。
大阪労働局、産業医や衛生管理者が適切に選任されていない大阪府下の約1200社の事業所に対して指導を行っていく方針
ということです。
労働安全衛生法(以下、安衛法)では50人以上が常時勤務する事業所では産業医と衛生管理者(事業所の業態によっては安全衛生管理者)を選任しないといけないのですが、これが意外とおざなりになっていたりしています。
実は、これまで労働局も現状がわかっていてもそんなに厳しく言ってこなかったんですね(登録されてないことは当然わかってるはずでうよね)。
これまでの労働局・基準監督署は特に長時間労働とか、未払い賃金問題に注力しているきらいがあって、どうも産業医や衛生管理者の方はおざなりになってました。
ちゃんと法律に明文されているし、罰則もあるんですが、どうも力が入ってなかった感があります。
まぁ、手が回らなかったってこともあると思いますが・・・(テレビドラマのダンダリンでは目についたらすぐに動いていますが、実際あんなことやってたら監督官が過労死しちゃいますよ)
ところが、ある印刷会社で多くの従業員が胆管癌を発症した事件(けっこう騒がれましたよね)で、その会社が産業医や衛生管理者の選任をやってなかったり、選任してても名前だけで衛生委員会も開催していなかったり、産業医による就労判定も機能してなかったりしてたんですね。それで問題がクローズアップされちゃって、「今年は産業医だ!」ってなことになったわけです。

衛生管理者はともかくとして(ホントはよくない)、産業医の選任は漏らすと絶対まずいです。
衛生管理者は国家資格を取らないといけないですが、産業医はいっぱいいますので、近くにいませんでしたっていう言い訳きかないんですよね。

でも、産業医もいろんな先生がいるので、誰でもいいってわけではないことが悩みどころなんですね。
自分の事業所にあった先生をコストのことも考えながら選任しないといけない、これが難しいです。
特にこれまで産業医に縁のなかった事業所ではいったいどうすればいいのかってことですね。

次は色々な産業医がいるってことをお話しします(中には困ったちゃんも・・・)

テーマ:お仕事 - ジャンル:就職・お仕事

はじめまして

初めまして。
ブログやるのは本当に久しぶりです。
もう。10年近くやってなかったけど、最近いろいろ考えることあって再開しました。
私は大阪は本町のとある会社で仕事してる勤務社労士です。
勤務社労士ってなんだ?って思われるかもしれませんが、個人で開業して事務所を設けているのではなくて、別の会社に勤務しながら社労士を名乗ってる人です、
こういうのって社労士しかないように思います。
何しろ会社員ですから、社内で社労士の仕事やってるってだけじゃなくて、普通に会社員の仕事してます。
私もそうなんですが、やっぱり人事関係の仕事している人に多いですね。

とにかく、最近特にいろいろ考えさせられることが多くなってきたので、これはちょっとつぶやいてみようって感じです。
いろいろなことって?
実は、産業医とか安全衛生委員会とかいった、労働安全衛生法からみのトラブル、労働基準法・労働契約法関連の労働問題トラブル、そして極めつけはメンタルヘルス不調の問題とかいったものです。
もう、本当にいろいろあります。

もし、こういったことにご興味ありましたら、ぜひご連絡くださいませ。
何かアドバイスで、切るかもしれませんし、一緒に考えていけるかももしれませんよ。


それでは、ポチポチと更新していきますのでよろしくお願いいたします。

テーマ:お仕事 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

気まぐれ社労士 

Author:気まぐれ社労士 
企業では安全配慮義務や労務管理、人事制度・諸規定など課題はたくさんありますが、今の企業では「疲れ」への対策がすごく重要です。少しでも人事関連で疑問やお困りのことがあればご連絡ください。きっと解決策が見つかります!





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR