FC2ブログ

舞鶴

仕事で舞鶴(京都府)に行ってきました。
舞鶴は以前何度か車で訪れたことがあるのですが、ここ数年とんとご無沙汰でした。
仕事で産業医の先生と会わなければならなくなり、はるばると神戸から舞鶴に出向くことになりました。
神戸三宮から高速バスで東舞鶴まで向かいます。料金は2100円、時間にして約1時間40分程度です。
日本海側まで日本を横断するのですから、もっとかかりそうなものですが、意外と時間もお金も安くて済みます。
仕事そのものは簡単に終わったのですが、帰りのバスまで時間が余ってしまいました。
ところが舞鶴って「観光地」のはずなのになぜかこれといって「売り物」がありません。
元海軍の鎮守府が置かれていたため、あちこちに当時のレンガ造りの建物が残されており、そのうちいくつかが観光客用にアレンジされています。また、いくつかは海上自衛隊が保有しているようです。
そのレンガ造りの建物群がなかなかいい味をだしているのですが、いかんせん、それだけです。
レンガ博物館からレンガ造りの建物を見て歩く、これはこれですごく味があっていいですし、少し歩いて自衛隊桟橋までいけば、すぐそばで自衛艦が眺められますし、自衛艦が一般公開されている時間帯もあって、これはこれで好きな人にはたまらないと思います。
でも、でも、それだけなんですよね。観光地にありがちな土産物ショップがあるわけでもなし(レンガ倉庫の中に小さなショップがあるのですが、実にささやか、店員もいないのでやる気あんのか?てな感じです)、名物料理があるわけでもないので観光客相手に地元料理をたべさせる店もありません。
(余談ですが、結局私は土産にかまぼこを買って帰ったのですが、これを買ったのは駅のキオスクです。駅の売店で土産物買ったの初めてです)。
ちょっと他の「観光地」とはかなりずれがあります。まぁ海上自衛隊があるし、けっこう大きな会社の工場もあったりして、観光客にあまり頼る必要がない、というのもあるかもしれませんが、あまりやる気を感じさせない「観光地」です。
ただ、最近では引き揚げ記念館とかもできていて、それなりに観光客の誘致も行っているみたいです(これはちょっと離れていて、車でない私には到底訪問できませんでした)。
何より駅前を見れば「・・・・」って感じです。
私が行ったのは29日の祝日です。
祝日なのに駅前の商店街なんかがほとんど閉まってるんですね。なんか力が抜けます。
レンガ博物館もほかのレンガ倉庫も本当に人いませんでした。でも、それが不思議ではない感じです。
結局舞鶴は車で城崎とか丹後半島とかに向かう人の「ついで」の観光地になってしまっています。
本当にこれでいいのかなぁ、と感じています。

戦後すぐに、舞鶴はシベリアや中国からの引き揚げ者の受け入れ港として大変な思いをしています。大陸で辛酸をなめ、必死の思いで帰国した人を舞鶴の人たちは暖かく迎え入れました。これは本当に大変だったろうと思います。
(これも余談ですが、舞鶴に引き揚げ者を迎えにくる人の中には、いつ帰ってくるかもわからない人を待ち続けた「母」や「妻」もいっぱいいました。有名な「岸壁の母」はこの舞鶴が舞台です。)
そんな舞鶴が私は好きです。だからこそ、今の中途半端な立ち位置には疑問が残ります。

バスで行けばすぐに行けることがわかりましたので、また機会を作ってプライベートで舞鶴を訪れたいと思います。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:就職・お仕事

若者は明日の自分をどう感じるのか?

先日あるテレビ番組を見ていたら、
この新卒の就職難といわれている時代に、中国やベトナムの新卒学生を積極的に採用しようという動きが強まってきていると。
いろいろな会社がすでに外国人新卒学生の採用に踏み切っているようですが、イオンに至っては2050年までに本社採用の50%を外国人にする方針だとか・・
なぜ、こんな風潮が高まっているのか?
答えは明快です。
外国人新入社員の方が有能だからです。
ただ、ここで誤解してもらっては困るのですが、外国人だから優先に採用している、という会社は少なくて、採用基準に国籍をとっぱっらたら外国人の応募比率がたかまり、選考の結果、外国人新入社員が増えている、というのが現状です。
もちろん、グローバル化を見越して積極的に外国人枠を設けている会社もあるようですが、全体からみてまだ少数派だと思います。
私も知り合いの人事担当者に聞いてみたところ、実際に選考に入ると、担当者をうならせるような熱意がガンガン伝わってくるそうで、熱くてたまらないくらいだそうです。日本の学生は比較的おとなしいので、同じ能力があっても、その点ではどうしても不利になってしまう、とのことでした。
ただ、企業としては「熱い」だけで採用することはあり得ませんし、「調和」や「共生」も重視されます。
ただ、今伸び盛りの会社では、こういった「熱さ」は目を引くでしょう。

そのドキュメンタリーでは、一人の中国人の女性新入社員が紹介されていました。
彼女は日本のホテル会社に採用されています。
ホテルに採用されると、どこのセクションでも働けるようでなければいけません。当然フロントも完璧にこなさなくてはいけません。
裏方などの仕事は完璧以上にこなす彼女でしたが、どうしてもフロントの仕事だけは合格できません。
それは日本語の問題です。また、文化による対応の違いもあります。彼女の場合は特に敬語で躓きました。
日本語は留学してから必死で勉強して、ほとんど不自由はありませんでしたが、敬語はそうはいきません。
中国にも敬語は当然ありますが、日本の敬語の使い方はまったく異なります。
彼女は何回も何回も試験に落ちます。
時には悔しくてトイレで嗚咽することもあります。
しかし、彼女はめげません。
上司や同僚、試験官に敬語を教えてください、と必死で勉強します。
それでも、試験に通りません。
レポーターが彼女にインタビューします。
「そんなに頑張っても試験に受からないなんて、いやになりませんか?」
すると、彼女はきょとんとした顔でいいます。
「なんで、いやになるんですか?何回落ちたって、いつか必ず通りますよ。もし、ここでいやになってやめちゃったら、そこで止まっちゃうじゃないですか。頑張ってれば必ず前に進めるじゃないですか。いやになったり、やめようと思ったりするなんて考えられないです。」

番組では、後日彼女が楽しそうにフロントの仕事をこなす姿を映し出していました。
16回目で試験に通ったそうです。
きっと彼女は次の目標に向かって走り続けているのだと思います。

こんな外国人社員ばかりではないことはわかっています。
言葉や習慣に押しつぶされてしまう外国人社員も多いと聞いています。
しかし、海の向こうからやってくる手ごわいライバルがいるということを日本の若者にも知っておいてほしいと思います。

それにしても、今の若者は自分の明日をどのように夢見ているのでしょう。

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

プチ贅沢 バトンドール

最近はやりのプチ贅沢の一つ、バトンドール。
baton.jpg
これは知ってる人なら知っている、グリコのポッキーの豪華版。大阪の阪急百貨店と大阪難波の高島屋でしか売ってません。写真は6個入ったセット品ですが1個が500円ほどします。普通のポッキーが確か150円くらいだったから3倍以上するんですね。
ところが、このバトンドールを手に入れるのはけっこう大変。何しろ2店でしか売ってないし、出荷数が少ないので列に並ばないと買えません。それも結構な長さ。最近はタイミング会えば30分程度で買えるみたいですが、それでも3時とか4時に行くと品切れになっています。
私はたまたまタイミングがよくて20分ほどで買うことができましたが、私の後ろにもかなりの人が並んでました。
そしてみんな買うこと、買うこと。大体1万円以上かってるんじゃないでしょうか?私も並んでる最中に暇なので家族とかにメールしたら、注文が殺到し、結局2万円近く買う羽目に・・・持って帰るのが本当に大変でした。
なんなんでしょうねぇ。言ってみればたかがポッキーですよ・・・
で、お味はというと。今回私は6種類購入しましたが、どれもあたりです。確かにポッキーではあるけどもポッキーではない、という表現がピッタリかと。特に私はコーヒーとミルクがお気に入りです。イチゴもおいしいかな。
しかし、冷静になって考えたら変ですよね。ほんとポッキーですよ、確かにおいしいのはわかりますが、ポッキーを1万円も買いますか?普通。
大阪の百貨店でしか買えない、豪華なポッキーってのがポイントなんでしょうね・・・
それも東京じゃ買えなくて大阪だけ!ってのが大阪人に受けているんでしょうね。

あと似たような一般お菓子の豪華版と言えば、ハッピーターンの豪華版がありますが、これは人気はありますがそんなに並んではいません。しかも横浜の高島屋(?)でも買えるようなのでありがたみも薄れている感じ。
もう一つは、カルビーが提供する豪華ポテトチップス、グランカルビー。これは出て間がないということもあって、とんでもない人気です。これは大阪の阪急百貨店にしかありません。通常のポテトチップスの5倍の厚さがある超豪華版なんだそうです。
これは本当に買えないです。午後2時に行ってもまず買えません。というか、買う列にも並べません。ほしい人は朝開店前に並ぶしかないです。大体2時間前くらいから並んでいるのですが、1時間前になるとけっこうな列になってます。
私はその光景を見るたびに、失礼かとは思いますが、「暇だなぁ」としか感じません。
ほんとよくやると思います。

あ、そういえば東京の池袋では超レアもののキットカットがあるみたいですね。


でも、バトンドールを食べて感じました。

うまいけど、所詮はポッキー

テーマ:ひとりごと - ジャンル:就職・お仕事

更新サボリ?

まいった気がついたら思いきりブログの更新飛んでました。
ここんとこ妙にプライベートで忙しくて、けっこう疲れ気味ってこともあり、ついついブログから遠ざかってました。
というか、パソコンすら開いてない状態!?
いかん、いかん。これからはちゃんと更新していかないと・・・反省しきりの今です。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

プロフィール

気まぐれ社労士 

Author:気まぐれ社労士 
企業では安全配慮義務や労務管理、人事制度・諸規定など課題はたくさんありますが、今の企業では「疲れ」への対策がすごく重要です。少しでも人事関連で疑問やお困りのことがあればご連絡ください。きっと解決策が見つかります!





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR