FC2ブログ

周りの優秀な人から学ぼう

先日とある会社で入社3年目社員さんたちと話をしたところ、
その中で、
自分の能力に疑問がある。
周りは優秀な人ばかりで、自分に自信がなくなった。
といった話を何人から聞きました。
こういった不安は実はよくある話です。
こういったとき、私は私自身の経験をもとに話をするようにしています。
以下はその要約です。

私がマネージャーに昇格したとき、私の周りには高学歴、有名大学卒がゴロゴロしていました。部下の中にも私より「できる」人がたくさんいました。
そんな中で自分が本当に仕事をやっていけるのだろうか?と弱気になったものです。
そしてそういった自分を見透かされたくないと言った小さなプライドから、わざと我をはってみたり、尊大に構えたりしてしまっていました。
もちろん、そんな底の浅い振る舞いが通用するはずもなく、却って自分の評価を下げしまっていました。
自分自身もそんな自分に嫌なものを感じていましたからなおさら自分の居場所を狭くしていってしまっていました。
こんな風に、いい加減自分に嫌気がさしてきて、仕事への自信もなくなってきていたところ、ある日のことです、同僚のマネージャーの一人が、あるトラブルをしっかりと解決していく姿に出くわしました。
それは本当に自分には思いもつかない解決法で、彼女(そのマネージャーは女性でした。しかも年下!)は見事に問題を解決してしまいました。
それは私にとって衝撃ではありましたが、一方で、そんな高い能力を持った同僚と一緒に働けることに喜びみたいなものも感じました。
その時私は悟りました。
周りにたくさんの才能が溢れているこの環境で働けるということはすごく幸せなことなんだと。
そして、無理やり背伸びして自分を大きく見せる必要なんてまったくないし、自分が今できることを頑張って、その「できること」を「学ぶ」ことで大きくしていけばいいのだと。

そして、その「お手本」に囲まれている自分はなんて幸せなんだろうと、ということです。
周りと比較しても人はついつい自分の都合のいい部分でしか見ようとしませんし、その見る場所もその時の気分で変わってしまっています。
それに「できる人」と比較しても「できる」事自体がたくさんあるし、そのたくさんな「できる」事ごとに比較する対象者が変わっていくし、増えていきます。
個人と多数での比較になってしまいがちになります。
そういうのってなんでも「できる」人を目指すことになってしまいますし、そんなこと達成できるっていうのは極めて稀な話です。人はスーパーマンではありません。
自分のできることを大きくしていくためには他者から学ぶということがすごく大切だと思います。
自分ができないことをできる人がいるなら、その人に学ぶという態度は大切です。
そして、その学ぶという態度が周りの「支援」をもたらしてくれるようになるのです。
「支援」があればできなかったこともできるようになります。
また、どうしてもできない場合でも「できる人」にかわってやってもらうこともできます。
そういったことも問題解決のための重要なスキルになります。

上を目指すということは個人の成長においてはとても大切なことではありますが、私がいつも思うことですが、その成長の物差しを他者に求めてしまうと、比較対象が変動しがちですし、そのレベル感もバラバラです。それに、他者を物差しにしてしまうと、その他者の評価も行わなくてはなりませんし、それが本当に適正なのかなんて誰にもわかりません。
自分を測る物差しは自分自身です。
具体的にいうならば昨日できなかったことが今日はできた、昨日知らなかったことを今日は覚えた、といった感じです。

周りに優秀な人がたくさんいるなら、そういった環境にいる自分を誇らしく幸せに思い、周りからいかにしてその「優秀な」ものを学び取ればいいのかを考えてください。それがあなた自身を成長させますし、無駄な劣等感にさいなやまされる必要もありません。

=======================================================================
御社の「人」のお悩み解決します。
人事制度・労使問題・メンタルヘルス・安全衛生対応
社会保険労務士事務所 岡本労務管理事務所

特定社会保険労務士・産業カウンセラー・国家資格キャリアコンサルタント・RSTトレーナー・心理相談員・「自分にイイネ!をする会」会長
岡本 寛明

詳しくは下記ホームページで!
HP http://www.mercury.sannet.ne.jp/occam/

外部面談プログラム紹介動画 https://youtu.be/gYS7Qqe9TiI
外部HRビジネスパートナー紹介動画 https://youtu.be/iSqiEFLjDJw
プロフィール

気まぐれ社労士 

Author:気まぐれ社労士 
企業では安全配慮義務や労務管理、人事制度・諸規定など課題はたくさんありますが、今の企業では「疲れ」への対策がすごく重要です。少しでも人事関連で疑問やお困りのことがあればご連絡ください。きっと解決策が見つかります!





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR